当松尾大社では、本年平成28年秋より「平成の御遷宮」といたしまして、50年ぶりに行われます重要文化財「御本殿」御屋根葺き替えを始めとする境内各所建造物の大規模な保全改修事業を開始いたしております。
この「平成の御遷宮」に付きましては、本年9月より境内参入口の「赤鳥居」、12月より「楼門」、引き続き「御本殿」の順に補修工事に着手いたしております。
既に「赤鳥居」の補修は完成しておりますが、これから本格的な各所の事業が開始されますと、「御本殿」並びに「楼門」の建造物全体を素屋根で被い隠し、周囲から全体の容姿が全く見えない状態にして補修工事を始めて参ります。
 この事業により、本年から平成30年春の全体の完成竣工まで、松尾大社での結婚式をお考えの皆様方からの結婚式ご予約に関しましては、「御本殿」での結婚式は承れず、現行の「葵殿」と「拝殿」の2結婚式場に限り結婚式ご予約を承ることといたしております。
 来年平成29年1月以降、工事期間中にあったしても、皆様の結婚式自体に影響を及ぼすことは一切ございませんが、何卒この御遷宮事業に付きまして皆様方のご理解を賜りますとともに、ご支援並びにご高配を賜りますようお願い申し上げます。